喉(のど)の違和感

今回は喉の違和感についてです。
特に思い当たることも無いのに、以下のような喉の症状を経験したことありませんか?
・喉に異物感がある
・喉が常に詰まった感じがする
・表現しにくいけれど、違和感があるetc

これらの症状が気になり医療機関を受診したけれど、特に異常は見られない。このような症状は「咽喉頭異常感症(いんこうとういじょうかんしょう)」と言われます。鍼灸院でも喉の違和感を訴える患者さんは、多く見られます。

咽喉頭異常感症 今治 玄鍼灸院

咽喉頭異常感症

咽喉頭異常感症はヒステリー球とも言われます。喉の違和感以外にも、吐き気・不安感・胸焼けなどが現れることがあります。
咽喉頭異常感症の原因は、自律神経の中の交感神経が活発になることによるものと考えられています。交感神経が活発になると食道付近の筋肉が過度に収縮してしまい、喉の異物感、喉が詰まった感じ、喉の違和感などが生じると考えられています。

東洋医学的な見方

東洋医学では古くからこの咽喉頭異常感症を「梅核気」、「咽中炙臠」として認識しています。

・梅核気

咽に引っかかるような違和感がある状態で、吐こうとしても吐き出せず、飲み込もうとしても飲み込めず、梅の種がある感じがすることから名付けられました。

・咽中炙臠

咽に炙った(あぶった)ような肉がついており、飲み込めない、吐き出せない。また胸のあたりが硬く痛み、精神的な落ち込み、悶々とした気分、よくゲップが出たり、気持ちが悪いという症状があります。

咽喉頭異常感症 今治 玄鍼灸院

鍼灸での治療方法

「梅核気」、「咽中炙臠」はストレスにより気の流れが悪くなったものと考えます。また気の流れが悪くなったことにより水の流れも悪くなり、余分な水分(痰)が咽に詰まっているとも考えます。
以上のことから、気の流れと水の流れを良くする穴に鍼灸を行っていきます。早い方だと1度の施術で症状の改善をみることがあります。
咽の違和感でお困りの場合、鍼灸を選択してはいかがでしょうか?