症例 喉(のど)の違和感

・30代 女性

【症状 来院の動機】

初めて当院に来院した時には妊娠中(来院時は24週目)で、2〜3週間前から喉の違和感が現れる。産婦人科では分からないので内科を紹介され、内科を受診するが特に異常はなく、胃酸を抑える薬を処方さる。薬を服用しても喉の違和感に変化がなく、当院に来院する。
妊娠初期にはつわりがひどかった。喉の違和感は常にあり、何かが喉に挟まっているように感じ、時折吐き気もある。今回初めての妊娠・出産となるので、色々不安となることが多い。
脈は細くやや弦、腹診をすると臍から上が板状。

【経過 内容】

以上のことから梅核気と考える。妊娠中であることから、刺激量が多くならいように注意しながら施術を行う。施術に使用した主なツボは、百会・天突・内関・太淵・中脘・太谿・三陰交。初診後から喉の違和感が軽減するが、空腹時に胃のむかつきが現れる。3診目は2週間後で、喉の違和感はほとんど感じないが、食後に少し吐き気があるとのこと。3診目からの1週間後が4診目で、3診目終了から喉の違和感を感じることはなく、また吐き気も出なくなったとのことで、4診目を以て終了とした。