不妊鍼灸

不妊とは?

WHO(世界保健機構)では、【不妊】を生殖年齢の男女が妊娠を希望し、ある一定期間、避妊することなく通常の性交を継続的に行っているのもかかわらず、妊娠の成立をみない場合と定義しています。その一定期間については1年というのが一般的です。

【不妊】という言葉の影響で身体や心を縛られていませんか?
最近では西洋医学と鍼灸施術の併用により、体外受精の妊娠率が高まることが分かってきています。


「妊鍼」施術と不妊

今治 玄鍼灸院 妊鍼


近年、東洋医学的な考えで身体作りを行い、母体 が健康であればより妊娠率が高まることが認知さ れるようになってきています。 また、西洋医学的にもエビデンスが示されつつあ り、高度生殖医療における胚移植前後に鍼灸の施 術を受けると着床率が向上するデータも出てきて います。

鍼灸施術により骨盤内の臓器(子宮や卵巣など)を温めることで卵子の成長を促し、質の良い卵子を育てたり、子宮内膜を厚くして着床しやすい状態にするなどの効果が期待でき、その結果、妊娠率が高まります。
また、鍼灸を始めると、手足の冷えや生理痛、肩こり、頭痛なども改善されます。これは鍼灸施術が自律神経の高ぶりを緩めて、副交感神経を優位にし、気血の流れをスムーズにしたことによるものです。


周期療法

当院では、《自律神経のバランスを整える》ことを重視しています。排卵・射精・排卵・着床などの妊娠に必要なスッテプは、副交感神経に支配されているためです。 特に当院では、西洋医学の月経周期メカニズと東洋医学の考え方を合わせた【周期療法】をもとにして鍼灸施術をおこなっております。
【周期療法】とは東洋医学の陰陽理論を基礎体温表に当てはめたものです。

生理期から低温期までを陰、排卵期から高温期までを陽と考えています。陰を寒い、陽を熱いと考えると分かりやすいと思います。

生理期
生理期は陽から陰に多く転換する時期で、身体の中では激しい変化が起こります。この時期に大切なことは月経血を完全に排出することです。排出しきれないと不要となった子宮内膜が残り、血の巡りが悪くなると原因となります。 この時期は気血の巡りをよくする方法を行います。
低温期
月経後から排卵までの時期で、卵胞が育つ時期にあたります。陰陽の考えでは、この時期は陰が増える時期になります。この充分な陰と妊娠に不可欠な血が、卵胞をしっかり成長させます。 この時期には陰と血を補う方法を行います。
排卵期
卵胞期は、卵胞膜から卵子が飛び出す時期で、陰から陽に転換する時期です。排卵をスムーズに行われるには、気血の働きが重要です。陰陽の考えでは気は陽、血は陰になります。 この時期には気を巡らせて、陽の働きを助け、血を巡らせて排卵を促す方法を行います。
高温期
排卵が終わり、卵胞が黄体に変化すると黄体ホルモンの分泌により体温が上昇し、陽の時期になります。この時期は、受精卵を着床しやすくする準備期間でもあります。 この時期には身体を温める方法を行います。


以上のように生理周期を4つの時期に分けて、その時期に応じた施術を行うことにより妊娠に導いていきます。今までの臨床経験から、西洋医学との併用で妊娠された方を何人も診てきました。 お困りの方がいましたら、お気軽に相談して下さい。