小児はり

今年もあと少しで終わりですね。今回は「小児はり」について書いていきます。
小児鍼を希望して来院される親御さんは多くはないのですが、口コミから来院され好評を得ています。

小児はりとは?

小児はりと見ると鍼(はり)の字があるので、小児に鍼を刺すのかと思われるかもしれませんが、一般的な鍼は使わずに専用の鍼を用いて皮膚をさする、もしくは皮膚にトントンと当て“小児に多い症状・疾患を治療する方法”ということです。これはお子さんの皮膚表面を対象として、やわらかな接触を主とする治療法です。小児はりは、江戸時代から盛んに行われ、日本独自の治療方法として確立したものです。

今治 小児はり

対象とする疾患

今治 小児はり

小児に現れる代表的な症状には、
夜泣き
夜驚
・落ち着きがない
・イライラする
・奇声をあげる

小児の心身は発達の途中にあり、大脳は未熟ながら急速に発達します。それと身体の発育とのアンバランスにより、上記の症状が現れると言われています。
また次の様な症状・疾患も多いです。
鼻炎・扁桃炎・中耳炎・副鼻腔炎(蓄膿症)・気管支炎・便秘・下痢・小児喘息・夜尿症

実際当院で小児はりを受けるようになってから、以前よりもアレルギーの症状や風邪を引きにくくなったとの声を頂いています。


詳しい施術はこちらを参考にして下さい。