メンタル鍼灸

HPのアクセス数を見ていると、メンタル鍼灸のアクセス数が増えてきています。
今のコロナ禍の中で、色々不安になることが多いせいかもしれませんね。

鍼灸に興味はあるけど・・・

メンタル鍼灸に限ったことではないのですが、「鍼灸を受けてみたいけれど痛そう、熱そうだし・・・」と言う声はよく聞きます。
当院で使用している鍼の太さは約0.14mmなので、痛くはありません。初めて鍼を受けた人のほとんどが、全然痛くないと言われます。灸も直接皮膚の上にもぐさを置かないので、ほどよい暖かさを感じます。

今治 鍼 玄鍼灸院

メンタル鍼灸

本題に戻ってメンタル鍼灸についてですが、東洋医学的な考えはこちらを参考にしてみて下さい。
メンタル鍼灸に対する東洋医学の考え方は様々あるので、おいおいblogで書いていこうと思っています。

メンタル鍼灸は、直接メンタル系疾患を改善することよりもそれに付随している症状、例えば眠れない、気分の落ち込み、食欲がない、肩こりやふらつき、頭痛などの症状を改善させることにより抑うつ気分や意欲低下等が改善していきます。
身体症状の改善から時差があるのですが、精神症状の改善がみらることが多いです。
メンタル鍼灸を受けに来られた患者さんに限ったことではないのですが、鍼灸を受けると直ぐに症状が治ると思っている人が多くおられます。過去に3回ほど施術をした後に、「もうそろそろ治るのですか?」と尋ねられたことがあります。その方はうつになってから2年以上経過していたのですが・・・このように過度な期待を持って来院されると、その期待に応えることはできません。
鍼灸院に来院されるメンタル系疾患の患者さんは、症状の発現から経過が経っている方が多いので、症状改善に患者さんが思っているより時間がかかることがあります。
当院は少しでも早く症状の改善を図れるように努力しております。