腰椎椎間板ヘルニア

鍼灸院では腰痛が主訴で来院される患者さんは多く、過去に医療機関で「椎間板ヘルニア」と診断されましたと言われる方も多くいます。
そこで今回は「腰椎椎間板ヘルニア」について書いていきます。

腰椎椎間板ヘルニアとは?

腰は5つの骨(腰椎)から構成されています。骨と骨との間にはクッションの役割をする椎間板があり、椎間板が何らかの原因でひびが入り、椎間板の中にある髄核という組織の一部がせり出して、神経を圧迫するのが椎間板ヘルニアです。

今治 腰椎椎間板ヘルニア 玄鍼灸院

腰椎椎間板ヘルニアの症状

腰椎椎間板ヘルニアの多くは10〜40歳代の若い世代、特に男性に多く見られます。代表的な症状としては坐骨神経痛といわれる、お尻から太もも、ふくらはぎ、足首にかけての痛みとしびれです。何番目の腰椎にヘルニアがあるのかによって、痛みが出る部位は変わってきます。多くは太ももの裏や太ももの外側に痛みが現れます。
腰椎椎間板ヘルニアは、背中を伸ばしているときや、寝ていると痛みが楽になります。これとは反対に背中を丸めたり、前かがみの姿勢と取ると神経が圧迫されて痛みやしびれが強くなるのが特徴です。

腰椎椎間板ヘルニアは消える!?

冒頭にも書いたように、来院された患者さんとの問診の中で、過去に医療機関で「椎間板ヘルニア」の診断を受けて、それを非常に気にしている方が多くいます。しかし、椎間板ヘルニアの種類にもよりますが、多くは何もしなくても発症から6ヶ月前後で自然になくなります。しかし、尿や便が出なくなった場合には早急に手術を行わないと、永続的に症状が残ることがあるので医療機関の受診をおすすめします。

腰椎椎間板ヘルニアに対する鍼灸施術

腰椎椎間板ヘルニアは原因が腰部にあり、症状が腰から下半身にまで及びます。特に痛みやしびれが経絡で言うと膀胱経、胆経に現れることが多くあります。
痛みやしびれの表現として、刺すような痛み、ズキズキする、腫れぼったい痛み、突っ張る痛みなどと多彩な表現をされます。

当院でよくみられる腰椎椎間板ヘルニアのタイプ

寒湿阻滞

腰部や臀部が痛み、痛みが太ももの後ろ、膝裏、ふくらはぎの外側にまで及ぶ。寒い時に痛みがひどくなる、足が冷たく、温めると楽になる。雨の日、寒い日には症状がひどくなる。

気滞脈絡

坐骨神経痛以外に常に脹ったような痛みがある、咳やくしゃみをした時に痛みがひどくなる。

気滞瘀血

坐骨神経痛以外に刺したような痛みがあり、圧痛がハッキリとあり、咳やくしゃみで痛みがひどくなる、痛む場所は同じである。

腎精虧虚

坐骨神経痛があり、腰部や背中の痛み、下半身に力が入りにくい、患肢にだるさがある、長く立っていることができない。足が冷える。

腰椎椎間板ヘルニアによる痛みやしびれは鍼灸を施すことで、症状の改善がみられます。臨床経験的にしびれは痛みと比べて時間、回数がかかるように思われます。

あわせて坐骨神経痛に対する考え方も参考にしてください。