つわり

暑い日が続いていたら、今度は雨続きで体調を崩しやすい日が続きますね。
このところ妊婦さんをよく診ことが多く、会話の中で「つわり」について話すことが多いので、今回はつわりについて書いていきます。

つわりとは?

今治 つわり 玄鍼灸院

つわりとは妊娠によって起こる悪心・嘔吐などの消化器系の症状を中心とするものです。妊娠5~6週頃から症状が現れはじめ、多くは12~16週頃までに自然に消失し、50~80%の妊婦が経験すると言われています。

妊娠すると母体のホルモンバランスが変化します。特につわりの起こる妊娠初期は胎盤が形成される時期で、この胎盤自身もまた妊娠維持に必要なホルモンを産生します。そのホルモンのうち特にプロゲステロンと言うホルモンは平滑筋の弛緩作用があるため、消化管の蠕動運動が低下し胃の内容物が食道へ逆流するということを起こし嘔吐などを引き起こします。同じく腸の蠕動運動も弱まり妊娠初期の便秘の原因にもなります。

症状が悪化し治療が必要になるものを妊娠悪阻と呼びます。全妊娠の1%を占める激しい嘔吐を伴う妊娠悪阻は入院を必要とします。

東洋医学からみた「つわり」

つわりの原因として、胃に元気がない・胃が冷えている(冷たいものの過食)・胃に熱がある(甘いもの、しつこいものの過食)・湿邪(水分の代謝が悪い)・のぼせている等々の原因が挙げられます。

以上の原因により胃の働きが悪くなり、胃気の上逆が起こります。本来胃気は下に流れて消化を助けるものなのですが、上記のようなことが原因で上に逆上してしまい、つわりの症状が現れてしまいます。

鍼灸での施術は、胃気の上逆を本来の下に流れるようにし、あわせて体質を考慮しながらツボを選び、身体の陰陽のバランスを調えながらつわりの施術を行います。

今治 つわり 玄鍼灸院