うつ症状

・20代 男性

今治 鍼灸 うつ症状 玄鍼灸院

症状 来院の動機

来院の1年以上前から、鬱の症状があり、心療内科にて加療中。来院の動機としては、鍼灸が鬱の症状にも効果があると聞いて来院する。仕事は自営業で、いつも仕事の事を考えており、休みの日でも出勤することがある。起床後から身体がだるく、スッキリとしない。気持ちが落ち込みやすい。一日に何度も動機が起こり、呼吸が浅く、パニック状態になることがある。気がつくと肩に力が入っており、首から背中にかけてのコリ感が酷い。食欲はあるが、途中で残すことが多い。以前より体重は減っている。腹診で天枢、期門に圧痛、小腹不仁。脈は弦で按じると弱。舌は紅、薄白苔。

経過 内容

以上のことから、主に肝気の流れが悪くなり、肝腎同源から腎にも影響が出ていると考えた。施術は疏肝を主な目的に、施術は1週間に1度のペースとする。3診目から、身体のだるさが減ってくる。それに伴い気持ちの落ち込む回数も減る。6診目では、気持ちの落ち込みがあっても、前向きに物事を考えるようになる。身体が軽くなってきたので、ランニングを始めたとのこと。6診目以降は体調が優れない時に、来院する。来院間隔は徐々に伸びてきている。


・60代 女性

今治 鍼灸 うつ症状 玄鍼灸院

症状 来院の動機

4年前にご主人を亡くしてから、気分の落ち込みがある。特に午前中は何もする気になれず、お昼ごろまで布団の中に居ることがある。外出する気力もなく、全く外に出ない日が何日もある。些細なことをずっと考えている。食欲はなく、以前に比べて体重が5〜6キロ落ちる。時折吐き気や口内の粘つきがあり、病院で「逆流性食道炎」の診断を受ける。あまりにも眠れない時には、睡眠薬を服用し、抗うつ薬も服用している。
初診時では顔の表情も乏しく、問診中の会話も途切れがち。脈は弱、按じて弦。舌は淡紅、薄白苔。腹診では上・中脘に圧痛、肝相火に緊張が見られる。

経過 内容

以上のことから、肝鬱気滞・肝気横逆(いずれも東洋医学の診断)と考えた。施術は疏肝理気を主した。主な経穴としては百会・内関・合谷・期門・太衝等を使用する。1診目終了時には、会話が途切れることなくスムーズに行えるようになり、顔に表情が出てきて、「気分がいい」と仰る。施術のペースは週に一度とした。7診目の頃には、午前中から身体が軽いことを自覚する。以降は気分の落ち込みを感じるとに来院する。