症例 花粉症

・30代 女性

今治 花粉症 鍼灸

【症状 来院の動機】

首・肩こりが酷くなると来院される患者さん。
当院のHPを見ていて花粉症にも鍼灸が効果的であることを知り、首・肩こりの施術で来院された時に花粉症の改善を希望する。
来院時は1月で、花粉症の症状は強くは出ていないが、鼻と眼に痒みがある。毎年2月からはくしゃみと鼻水が酷くなるとのこと。普段から夜型の生活で、あまり外出はせず、どちらかと言えば動きたくない。痩せ型、色白。脈はやや弦。舌は淡白、薄白苔。

【経過 内容】

以前より通院しており、運動不足による気のめぐりの悪さが目立つ。気のめぐりが悪いと言うことは、気の防御(今回の場合では、花粉の侵入を防ぐ作用)が弱いことである。気の防御作用を高めるツボ、また鼻と目の痒みに効果的なツボに鍼を行う。あわせて首・肩こりの改善も行う。施術後、鼻がスッキリとし、視野が明るくなる。1診以降、週に一度の施術を行い、3診目終了時点(2月中旬)では花粉症の症状が全く出ていないので、3診目を以て終了とする。もし3月、4月に花粉症の症状が出るようであれば、早めに来院するように伝えた。