便秘

・70代 女性

今治 鍼灸 便秘

【症状 来院の動機】

主訴は右股関節と腰部の痛みで来院。来院前は股関節と腰痛のために、整体に行こうかと考えていたが、近所の人の紹介で当院に来院する。痛みは3ヶ月程前からあり、特に座位から立ち上がる時、歩き初めの時に股関節前面と腰部に痛みがある。既往歴として両膝関節の人工関節置換術。脈滑、舌淡紅。

【経過 内容】

両膝の人工関節置換術を行っていることから、股関節の軟骨もすり減っているものと考えられるが、関節の可動域には異常は見られない。また、トレンデレンブルグ徴候も見られないことから、腸腰筋由来の痛みと考え施術を行う。初診から3診目で、痛みが10→3にまで軽減する。3診目の時に、便秘で悩んでいると仰る。問診票では、お通じには異常なしとあったが、言いにくかったのこと。3診目に便秘時によく使う、大巨・外関・足三里に鍼を行う。3診目終了時、便意が現れ、排便となり、非常に驚かれる。それ以降来院時には、便秘の改善を目的とした施術も行うが、主訴・便秘供に改善する。