膝の痛み

・60代 女性

今治 鍼灸 膝の痛み

【症状 来院の動機】

半年前に右膝の痛みを覚え、整形外科を受診。その時、変形性膝関節症による痛みと診断され、膝に注射を打たれる。注射後、しばらくは痛みを感じなかったが徐々に痛みが出現する。整形外科での治療は、半年前の一度限りで、痛みを我慢していたが、当院が近所にできているのを知り、来院する。​
来院時の症状としては、膝を曲げる時に大腿内側から膝関節内側にかけての痛み。歩行時、階段昇降時には痛みを感じることはない。膝蓋跳動は陰性。大腿内側部を触診していると、硬結・圧痛部位が見ら、その部位を圧迫すると痛みが再現する。既往歴として糖尿病。

【経過 内容】

以上のことから来院時の痛みは、変形性膝関節症により大腿内側(血海付近)に負担がかかりトリガーポイントが作られたものと考え、トリガーポイントと痛みがあると気・血の流れが悪くなっているので、それを改善することを目的に合谷・三陰交に鍼をする。施術後、膝を曲げた時の痛みが随分と減ったことに喜んでいただけた。
一週間後の来院時は、痛みはほとんど感じることはないが、膝関節内側に少しだけ違和感があるとのことなので、初診時と同様のツボを使って施術を行う。
2診目から3週間後に来院。2診目以降、痛み・違和感を感じることはなかったが、昨日、少し多く歩いたので膝内側に違和感を感じるので来院。3診目も1・2診目と同様の施術を行う。3診目以降は、不定期ではあるが、痛みの予防目的で来院中。


・60代 男性

今治 鍼灸 膝の痛み

【症状 来院の動機】

一週間前から右膝に痛みを覚え、整形外科を受診するが、特に異常は見られず、湿布を貼って様子を見ましょうとのこと。湿布を貼っていたが痛みに変化がなく、友人が当院に来院しており、友人の紹介で来院。 痛みは膝の裏にあり、膝を曲げる時には痛みのために曲げるのが困難。仕事では、立ったりしゃがみ込むことが多い。普段、歩く時にはガニ股で歩く。右膝窩筋に圧痛、右腸脛靭帯・右腓腹筋に強い緊張がみられ、膝関節の屈曲制限がる。既往歴として、肺がん。現病歴は高血圧。

【経過 内容】

痛みの原因として普段からガニ股で歩いていることから、膝関節での下腿の外旋が強いことが考えられ、また下腿を外旋した状態で膝関節を屈曲していると考えた。痛みがあると、気血の流れが悪くなるので気血の流れを良くする穴を選択、また圧痛部位、緊張している部位に鍼をする。1診目終了した時点で、痛みは来院前の半分となり、膝も曲げやすくなる。2診目は3日後で、同様の施術を行う。2診目で更に痛みが半分となる。2診目から一週間後に来院した時には、痛みは気にならず、膝の曲げ伸ばしも以前と変わらないとのこと。1診目にガニ股に気をつけるように指導したが、痛みがあるうちはガニ股に気をつけるが、痛みが無くなるとついついガニ股になるとのことなので、気がついたら直すように指導し、3診目をもって、膝の痛みの施術を終了とした。


・70代 女性

今治 膝痛 玄鍼灸院

【症状 来院の動機】

3日前から、台所でしばらく立っていたり、長く歩いていると右膝の内側に痛みを感じる。また太ももを外側に開こうとしても痛む。
昨年も膝の痛みで当院に数回来院していたので、今回も当院に来院する。
痛みは内側側副靱帯の部位にあり、膝関節の外反ストレステスト陽性、膝蓋跳動陰性。膝関節屈曲時に内側側副靱帯に痛み。大腿内側広筋に緊張と圧痛がみられる。

【経過 内容】

以上のことから変形性膝関節症による痛みと考える。穴の選択としては、「不通則痛」の考えをもとに気血の流れをよくする穴、また年齢的なことや骨に異常が起きていることから補腎の穴を選択して施術を行う。1診目から2日後の来院では痛みは10→5となる。2診目から3日後の来院では痛みをほぼ感じることなくなっている。3診目をもって今回の施術を終了とした。
日課である1時間程のウォーキングは、性格が生真面目なために痛みがあっても行ってしまうので、痛みがある場合はお休みするように伝えた。