症例 痔

・60代 女性

今治 痔 鍼灸

【症状 来院の動機】

定期的に来院されている患者さん。
20年以上前に痔で困っていた時に灸で治した経験があり、定期的に来院した際に痔の相談を受ける。今回は来院の2日前から痔になる。残便感を感じてしまい、ついついいきんでしまう。排便時に痛みがあり、お尻を拭いた時に少量の血がつく。コロナウイルスの感染を恐れて極力外出しないようにしており、そのころから便秘気味である。
脈やや弦、舌淡白、薄白苔。

【経過 内容】

痔は問診の内容から切れ痔と判断する。施術は身体のメンテナンスと併せて痔の施術も行う。痔に対しては孔最穴に灸、承山に鍼を行う。施術後、痛みがほぼ消失する。あまりいきまないように指導し、また患者さん本人が自宅で灸をする習慣があるので、自宅で行える灸を教える。一週間後の来院では、しばらく痛みが消失していたが、ついついいきんでしまい痛みが出る。施術は前回と同様に行う。外出をしていないので、ウォーキングをすると腸の働きも良くなりスムーズに排便できますよと話し、ウォーキングをしてもらうように指導する。3診目も一週間後で、痔の痛みは消失したとのことである。