症例 打撲

・80代 女性

今治 打撲 玄鍼灸院

【症状 来院の動機】

3日前に庭の植木を手入れしている時に、つまずいて右膝(膝蓋骨の直下)をブロック塀にぶつける。ぶつけた時は痛みのために、しばらく立てなかった。早く来院しようと思ったが、老人会のイベント準備などがあり、なかなか時間がとれず転倒から3日後の来院となる。来院前までは、打撲部位に友達からもらった湿布を貼っていた。
来院時には、打撲部位に内出血、裂傷は見られず、腫脹がある。少し跛行(足を引きずって歩く)が見られ、膝裏が張り、押すと痛みがある。ズボンを履く時に膝を曲げると痛みがあり、曲げにくい。
脈はやや弦、舌は淡紅。

【経過 内容】

理学所見から転倒による打撲と判断する。打撲は腫れや痛みを伴うことから、先ず気血の流れを良くするために合谷、三陰交に鍼、また膝裏の圧痛点にも鍼を行う。また打撲周囲を囲むように八分灸を施す。
施術後には、跛行が見られず、膝を曲げる時に痛みを感じなくなる。打撲部位の腫脹は来院時より小さくなる。痛みが随分と軽減したので、経過観察とした。


・80代 女性

【症状 来院の動機】

定期的に来院する患者さん。
今回は来院の3日前に慌てて靴を脱ごうとした時に尻もちをつく。尻もちをついた当日の夜は痛くて眠れず、ずっと臀部を保冷剤で冷やしていた。よく転んだりするので、今回も自己判断で打撲と考える。
来院時には原付バイクで来院するが、振動で痛みを感じることは無い。仙腸関節部に圧痛がみられ、熱感、内出血、腫脹は見られない。痛みは動かし始めに臀部にある。排便時に少し痛みを感じる。脈はやや弦、舌は淡白。

【経過 内容】

以上から尻もちによる打撲と考える。痛みは局所の気滞血瘀によるものと考え、気と血の流れを良くするツボ、また痛みが督脈と膀胱経にあるのでそれに関連するツボに鍼をする。最も痛む部位(圧痛部位)に灸をする。施術後、痛みが10→2と変化したので、1診目を以て略治とする。症例の患者さんは1人暮らしをされており、痛みを我慢する人なので、眠れないほどの痛みを感じる場合は救急車を呼ぶように指導した。