打撲

・80代 女性

今治 打撲 玄鍼灸院

【症状 来院の動機】

3日前に庭の植木を手入れしている時に、つまずいて右膝(膝蓋骨の直下)をブロック塀にぶつける。ぶつけた時は痛みのために、しばらく立てなかった。早く来院しようと思ったが、老人会のイベント準備などがあり、なかなか時間がとれず転倒から3日後の来院となる。来院前までは、打撲部位に友達からもらった湿布を貼っていた。
来院時には、打撲部位に内出血、裂傷は見られず、腫脹がある。少し跛行(足を引きずって歩く)が見られ、膝裏が張り、押すと痛みがある。ズボンを履く時に膝を曲げると痛みがあり、曲げにくい。
脈はやや弦、舌は淡紅。

【経過 内容】

理学所見から転倒による打撲と判断する。打撲は腫れや痛みを伴うことから、先ず気血の流れを良くするために合谷、三陰交に鍼、また膝裏の圧痛点にも鍼を行う。また打撲周囲を囲むように八分灸を施す。
施術後には、跛行が見られず、膝を曲げる時に痛みを感じなくなる。打撲部位の腫脹は来院時より小さくなる。痛みが随分と軽減したので、経過観察とした。