症例 起立性調節障害

10代 男性

【症状 来院の動機】
当院にはHPを見て来院する。来院の2ヶ月前から頭痛が毎日出現する。そのため耳鼻科、脳神経外科を受診するが異常は見られない。頭痛は午前に出現することが多く、痛みは頭頂部にあり、また後頚部に張りを感じる。頭痛は横になっていると痛みを感じず、起きていると痛みを感じる。休日は寝ている時間が以前より多い。医療機関からは五苓散、ロキソニンが処方されている。来院時には、学校(中学校)へは午後から登校している。脈弱。

【経過 内容】
以上のことから起立性調節障害を想定し、施術を行う。(当院に通院中に、心療内科にて起立性調節障害との診断を受ける)年齢から陰陽のバランス、特に上下のバランスが取れていないのでそのバランスを調えるような施術を行う。主なツボとしては百会、内関、中脘、豊隆、三陰交、太衝。1診目が終了した時点で身体が軽くなり、頭がスッキリしたことを自覚する。2診目は4日後、午前中の頭痛が軽減するが、食後に頭痛が出るようになる。そこで脾胃の機能を高めることにする。3診目は1週間後、午前中から登校できるようになり、頭痛はさらに減っているが、食後に少し頭痛がある。2診目と同様の施術を行う。4診目は3診目から1週間後、頭痛が出現する前の生活がおくれている。頭痛を感じることはほとんど無くなる。4診目を以て施術終了とした。

10代 男性
今治 起立性調節障害 玄鍼灸院

【症状 来院の動機】

当院には紹介により来院する。中学一年の時に「起立性調節障害」の診断を受け、医療機関で加療中。来院時は中学三年、現症として過眠で困っている。朝起きることができずに、午後から登校したり、しなかったりしている。過眠以外の症状として、下痢気味。ダンスを週に一度習っている。脈は数弦、舌は淡紅、白膩、舌尖に紅点。腹は全体的に緊張しており板状。

【経過 内容】
以上のことから主訴である過眠は、身体所見から脾虚湿盛によるものと考える。先ずは体内の湿を除くことを主眼にし、また思春期であることから心身のバランスを調えるようにもする。主なツボは百会、合谷、神門、中脘、足三里、豊隆、太衝である。週に一度の施術間隔とする。2診目、鍼を受けた後から朝起きることができるようになる。4診目で午前中に登校することができるようになったので、4診目をもって終了とした。もしまた過眠傾向になるようになれば、早目に来院するように伝える。

PAGE TOP