症例 首・肩の症状

・50代 男性 五十肩

今治 鍼灸 五十肩

【症状 来院の動機】

年明けから肩の痛みと肩の動かせる範囲が制限されるようになる。会社近くの整形外科を受診し、「五十肩」の診断を受ける。整形外科の閉院時間までに仕事が終わる事が少なく、あまり治療を受けられずにいた。そこでHPを見て当院に来院。
来院時には肩を動かす(前から、横から、後ろに手をまわす)時に肩関節前面に痛みがある。また夜寝ていると疼くことがる。衣類の着脱にも時間がかかる。脉を診ると弱く、舌は淡い赤い色で苔が厚い。

​【経過 内容】

施術方針としては、脉が弱いことから気・血の流れの弱さから瘀血(おけつ)が生じて痛みと動きの制限が出ていると考え、気・血の流れを良くしながら、気・血をふやす穴を選び、また年齢的な事も考えると、腎が弱り始める年齢であるので腎の働きを助ける穴も選び施術を行う。施術は週に一度行い、5回ほど毎週行う。
施術をするごとに痛みが減り、動かせる範囲も徐々に広がりを見せる。5回目以降は2週に一度の施術を行い、初診から10回目で以前と変わらなくなるので、10回目をもって施術を終了する。


・60代 女性 五十肩

【症状 来院の動機】

半年前から右肩に痛みがある。定期的に通院している内科では、日にち薬だよと言われて何も治療をしていなかったが、知人の紹介で来院する。
仕事は介護職で、介助の度に痛みを覚える。肩関節の可動域は痛みのために制限が見られ、特に結帯動作(自分の腕を体の後ろにもっていく動作)が困難である。痛みは肩関節前面、圧痛は肩関節前面、肩甲骨の外側(大円筋部)にある。就寝時の痛みは無いが、起床時に肩のこわばりを感じる。
脈を診るとやや弦、按じると弱、舌は淡紅、薄白苔。

​【経過 内容】

「不通則痛」であることから、気・血の流れを良くする合谷、三陰交、また脈を按じて弱、年齢を考慮して腎の弱りが考えられるので太淵、復溜を主穴とし、阿是穴(押さえて痛む部位)を補助穴とする。初診終了後、結帯動作時に痛みは残るが、可能となる。施術間隔はあまり空けずに週に2回の施術を2週間行う。施術を5回行った時点で、ほぼ痛みを感じなくなり、朝のこわばり感は消失する。6回の施術を以て終了とした。


・30代 男性 肩こり

今治 肩こり 鍼灸 玄鍼灸院

【症状 来院の動機】

以前から鍼灸院には通っていたが、通勤の途中で当院があるので来院する。仕事は接客業で、緊張する場面もあり、疲れてくると首から肩・背中にコリを感じる。
来院時には、特に首の張りが強く出ており、少し首を動かしにくい。肩甲骨間や肩の部位に筋肉の硬結が見られ、押さえると気持ちが良いとのこと。頭痛、手に痺れは見られない。また疲れると眼の周囲にだるさを感じるようになる。
脈は弱略弦。舌は淡紅、薄白苔。

​【経過 内容】

以上のことから「頚腕症候群」と考え、またコリがある場合は気血の滞りがあるので、気血の流れを良くする穴、筋肉の硬結部位に鍼を行う。施術後、コリ感が随分と軽減し、眼がスッキリとし視野が明るくなる。来院のペースは疲れが溜まってくるとコリを感じるので月に1〜2回のペースで来院している。


・30代 女性 首の痛み

今治 鍼灸 首の痛み 玄鍼灸院

【症状 来院の動機】

以前から当院で生理痛の施術を受けており、生理痛は無くなったが定期的に通院している患者さん。週に2〜3回、ジムに通っており、いつもと同じメニューをこなしていたが、途中で少し首に違和感を感じていたが、メニューをこなし帰宅。帰宅後から徐々に首に痛みを覚える。翌日になると痛みは、昨日よりも強く首を動かすことが困難。
来院時には痛みのために首をあらゆる方向に動かすのも難しく、コップの水を飲むのにも苦労している様子。手にシビレ・頭痛は無い。上肢の腱反射は正常。首を触ると全体的に固く、特に左側を少し押さえると痛みが強くなる。痛みは足の太陽膀胱経にある。痛みの原因としては、上肢に症状も無いことから、運動中に首の筋肉を痛めたものと考えた。脈は弦やや数、舌は淡紅薄白苔

​【経過 内容】

脈に弦脈が見られることから、気血の滞りがかなりあることが分かるので気血の滞りを取る事を目的に手と足の穴を選択する。それに首の押さえて痛む箇所に鍼と冷却を行う。15分ほど経った後に鍼を抜き、首を少し動かしてもらうと、少し痛みが減り、動かせる範囲も広がる。座ったままの状態で、落枕穴、懸鐘穴に軽く刺激を加えながら首を動かしてもらうと、痛みと動かせる範囲が大幅に広がり、患者さんが物凄く驚いた様子。
それから二日後に来院した時にはほぼ正常に動かせるようになるが、まだ少し痛みが残るとのことで、前回と同じを施術を行うと痛みは気にならなくなったとのことで、今回をもって首の施術を終了とした。


・50代 女性 首の痛み

今治 鍼灸 首の痛み 玄鍼灸院

【症状 来院の動機】

以前より通院されている患者さん。今回の来院目的は、来院の2日前から首から背中にかけて痛みが出現。考えられる原因としては、母親の介助で車に乗せる時に、少し首に痛みを感じたことから徐々に痛みが強くなってきたとのこと。
来院時に痛みは右頚部から右背部にかけた痛みがある。頚部右回旋、右側屈に痛みのために制限が見られる。手指に痺れはない。頚部の筋肉に緊張が見られ、また圧痛(右)がある。脈やや弦。舌は淡紅、薄白苔。

​【経過 内容】

頚部から背中にかけての痛みは、頚椎椎間板症と考えた。施術方針としては痛みを第一に取ることを考え、合谷、三陰交、圧痛部位に鍼を行う。初診終了後に痛みは10→5に変化し、頚を動かしやすくなる。3日後も同様に施術を行い、痛みが10→2となったので、2診目をもって終了とした。2ヶ月後、腰痛で来院された時に頚部の痛みのことを尋ねると2診目以降、全く痛みを感じていないとのことであった。