坐骨神経痛

・70代 女性

今治 鍼灸 坐骨神経痛

【症状 来院の動機】

暮れ頃から右腰から右太ももの外側にかけて痛みが出るようになる。近くの整形外科を受診すると、「坐骨神経痛」と言われる。しばらくはリハビリで電気治療とホットパックを受けるが、痛みに変化がない。以前、膝の痛みの時に当院で施術し、痛みが解消したことを思い出し来院。
痛みは起床時からあり、少し動いていると痛みが消える。また、動きすぎると痛くなる。既往歴として、変形性膝関節症、腰椎辷り症。脈は弦、舌は淡紅、薄白苔。

【経過 内容】

痛み方から気虚血瘀の痛み、また年齢的なことから腎の虚を考え、気血を補う穴、腎経の穴を選んで施術を行う。一週間後の来院では、前回の施術から2日後から痛みが半分位になる。痛みは太ももよりもすねに感じる。すねは経絡で言うと胃経に当たる部位。前回の穴に胃経の穴を加える。一週間後の来院では、痛みをほとんど感じることはなくなったとのことで、三診目の施術を以て、今回の「坐骨神経痛」の施術を終わりにした。