逆流性食道炎

・30代 男性

今治 鍼灸 逆流性食道炎

【症状 来院の動機】

以前から逆流性食道炎の診断を受け、薬を服用していると胸焼けやゲップの症状はおさまるが、服用を止めると症状が再発する。奥さんが当院に通院されていたので、奥さんから勧められて来院する。
来院時の症状としては、胸焼け、ゲップ、ある一定量を食べるともどしてしまう、夕食が遅いと就寝中に気持ち悪さで目が醒めるので、熟睡感がない。体型は痩せ型で、顔面に吹き出物が多く、 口臭はない、大便は普通。舌の苔が厚く白色。

【経過 内容】

以上のことから胃気上逆とやや湿熱があると考え、胃気を下げるツボと湿熱を取り除くツボを選んで鍼を行った。初診時は胸の辺りが随分とスッキリする。
その後、一週間に一度のペースで来院し、合計5回の施術で薬を服用しなくても逆流性食道炎の症状は出なくなる