不妊症(原因)

連日暑い日が続きますね。今回は不妊症の原因について書いていきます。

原因

結婚して避妊をせずに通常の夫婦生活をしているにも関わらず、1年以上子供が出来ない場合は一般に不妊症と言われます。
不妊症の原因は多岐にわたり、それらをクリアーにする治療法も発展していますが、その成功率がまだまだ低いのが現状です。
妊娠は射精から着床に至るまでが正常に、かつ物理的、機能的に働いて初めて成立します。
不妊治療を始めるにあたり、どこに原因が有るのかを検査することを一般不妊検査を言います。何らかの原因があるものを器質性不妊、原因がないものを機能性不妊と分けられます。
器質性不妊の原因には、卵管閉塞・卵巣機能不全などがあります。
機能性不妊の原因は分かりませんが、考えられている原因として精神的ストレスや免疫異常が関与しているのではないかと考えられています。

今治 不妊 鍼灸 玄鍼灸院

機能性不妊

機能性不妊の原因として考えられているのは、生活環境やストレスによる情動障害があります。気持ちが満たされない不満などで、身体の気血の巡りを悪くすると骨盤循環のうっ滞や生殖機能の低下につながります。それに、病院への通院、治療が繰り返されることでの生活環境の乱れにより不妊悪循環をおこしてしまい、精神的なストレスを取り除くことが困難になってしまう、いわゆる生活習慣病です。
その結果、全身の血液循環の悪化、自律神経の乱れによるホルモンのアンバランスなどが起こり、機能性不妊になると考えられています。

鍼灸治療では、器質性不妊そのものには非常に困難です。治療効果が期待出来るのは機能性不妊です。
機能性不妊に対して効果が期待出来るのは、鍼灸治療により生活習慣病の改善が出来る背景があるからです。鍼灸治療により、血流の改善、自律神経の安定を図ることで、機能性不妊にアプローチしていきます。

当院に来院される不妊症の患者さんは、婦人科との併用を行っている方が大部分を占めています。東洋医学的な観点からみると、身体のバランスを崩されている方が多くみうけられ、バランスを整えることで妊娠しやすい身体作りをおこなっております。