しびれ

体育の日が過ぎた辺りから、秋の気温になってきましたね。
今月に入り坐骨神経痛を主訴とする方が多く来院されています。この坐骨神経痛は痛みやしびれを伴うことが多いです。そこで今回は「しびれ」について書いていきます。

しびれとは?

今治市 しびれ 玄鍼灸院

「しびれ」は身体のある部分にビリビリ、ジンジンと感じることです。または電気が走ると言ったような違和感のことで、接触などの外からの刺激により起こるものもありますが、一般的に自覚的に感じるもので、異常感覚といいます。

「しびれ」を感じる身体の感覚受容器には、皮膚表面近くの痛覚・温冷覚・触覚、より深いところにある振動覚・関節位置覚などがあります。これらが受け取った情報は末梢神経を通して、神経根→脊髄→脳幹→視床を経て大脳の感覚中枢に伝えられますが、このルートのどこかで障害を受けると症状が出現します。

原因は?

今治市 しびれ 玄鍼灸院

「しびれ」を引き起こすものとして、単一末梢神経の障害による「しびれ」と中枢神経障害による「しびれ」とがあります。
単一末梢神経障害の原因としては神経線維の圧迫、炎症、代謝障害、循環障害などです。中枢神経障害によるものとしては視床、脳幹、脊髄などの感覚神経伝道路の病変によって起こります。
また膠原病・糖尿病などの内科的疾患や化学薬品・薬物による中毒などが要因となって末梢神経が侵される多発性神経炎によるものなどがあります。「しびれ」の出現する部位はこれらの原因によってそれぞれ変わってきます。

鍼灸では

今治市 しびれ 玄鍼灸院

鍼灸治療で対象となるのは、中枢神経障害のものは対象外となります。末梢神経系の中で原因が圧迫、炎症、循環障害によるものは鍼灸治療が非常に有効です。
糖尿病など全身性の代謝疾患によるものなどは、それらの治療が先決となります。

鍼灸治療では、神経を圧迫している筋肉の緊張をほぐし、炎症を除去するとともに神経根の圧迫を減らし、痛みやしびれの解消とその緩和ができます。しびれだけではなく痛みを伴う場合も少なくありませんが、痛みとしびれに鍼灸治療が同時に行うが多いです。
また、経験的に「しびれ」は痛みと比べて、軽減するのに時間・回数がかかる場合が多いように思います。