湿邪

今年はまだ梅雨入りしていないようですが、そろそろ梅雨入りでしょうか?
梅雨の時期になると、周りの空気がジメジメとして不快な感じですね。東洋医学では、このジメジメした感じを『湿邪』と考えています。

湿邪とは?

湿邪 今治 玄鍼灸院

『湿邪』の性質は水に似ていますが、水のようにサラサラした感じではなく、それよりも重く・汚く不潔なのです。これを重濁性と言います。『湿邪』は、外湿(大気中の湿度が高くておこる)と内湿(体内の水分が停滞している)があります。梅雨時期は外湿により内湿になりやすく。湿が体内にこもり津液(体液)の巡りがうまく働かず、四肢を動かすのが重だるくなります。
湿気の多い時期・雨に濡れる・長い間、湿ったところにいたりしますと、『湿邪』が人体に悪さをします。特に日本では気候的に湿気が強く、『湿邪』の影響が大きいです。

具体的には?

①『湿邪』は気の流れを阻害しやすいので、胸がつまるような感じ・すっきり排便しないなどの症状が現れます。

②『湿邪』が皮膚より侵入しますとカラダがだるくなったりします。また、関節などに留まると関節の痛みや動かしにくさを感じます。

③『湿邪』がカラダの内部まで侵入しますと、下痢・尿量減少・浮腫などが生じます。

おおまかには、上記のような症状を呈します。
『湿邪』による病の多くが治りにくく、病気の経過も長引き、再発を見ることがあります。梅雨の時期は、『湿邪』を受けやすい時期ですが、この『湿邪』を助長させるものがあります。それは季節を問わず助長させるものです。肉食・お酒・油物・味の濃いものなどです。

湿邪 今治 玄鍼灸院

予防法

① 甘い物の摂り過ぎは、水分を欲し湿邪を生みますので控えめにする。

② 室内の湿度を40〜60%に保つ。但し、エアコンをつけっぱなしでいると冷房病になる恐れがありますので、室内の空気を入替え自然な風をうまく取り入れましょう。

③ 汗をかいたときは拭き取る。汗で冷えて代謝が悪くなると、むくみや身体の重だるさの原因となります。湿らせたタオルで拭くと皮膚を傷めずによいです。

④ 水分・冷たい飲食と生物の摂り過ぎに注意しましょう。体内を冷やすと胃腸の動きが鈍くなり、湿邪が体内に留まりやすくなります。

⑤ 脂っこいものを食べ過ぎないこと。

⑥ 香味野菜を摂る。(しょうが・にんにく・ネギなど)

⑦ 野菜も生ではなく、一度火を通したものがよいでしょう。

以上のことに気をつけて、梅雨時期に体調不良を起こさないようにしてみては如何ですか?